線分

線分

ここからは作図コマンドについて説明していきます。

線の種類や色については特に説明しません。
レイヤ等と使用して、目的に合った線種で描いて下さい。

あと、点の指示の仕方も補助線と同様で、数字入力もしくはマウスの左クリックです。


さて、線分を引くためには、まずは線分のコマンドを選びましょう。


【作図コマンドのうち、線分に関するメニュー】

メニューバーから「作図」→「線分」→描きたいコマンドを選択できます。

線分の描き方

では、基本の線分の紹介と描き方の説明です。


【色々な線分の種類】


連続線図1

連続の線を描きます。コマンドを選択して、始点を指示、続いて終点を指示。
これで一本の線ができました。

そのまま、次の点を指示すると、先程の終点から今回の終点までの線が出来ます。 これが連続線です。

終了する場合はキーボードのEscかマウスの右クリックで「指定終了」を選択して、終わらせます。


線分図2

単線を描きます。 コマンドを選択したら、始点を指示、続いて終点を指示。
これで終了です。簡単に一本の線が描けます。


並行線図3

既存の線(補助線も可)に対し、並行な線を描きます。
コマンドを選択したら、基準の図形を選択。するとその図形が赤くなります。

次にその図形との間隔を数値で入力するか、マウスで左クリックします。
最後に線の長さを始点と終点を選択して決定します。
(画像は図2に対し、15間隔の線を描いています)


幅付き線図4

指示した幅で二本の線を描きます。

コマンドを選択すると、「幅付き線作図モード」という入力ボックスが表示されますが、そのまま「了解」を押すと、今度は「幅付き線」という入力ボックスが出ます。


【幅付き線作図モードと幅付き線】


ここには幅となる数字を入れましょう。
右側と左側を合計した数字が二本の線の幅になります。
詳しくは下記の画像を見て、違いを確認して下さい。


【幅つき線の数値による作図の違い】


あとは赤○部を指定しいけば、幅付き線が出来ます。
終了する際は、今までと同様Escキー押しましょう。

図脳RAPIDには、その他にも線分はありますが、
最初は補助線を書く事で、上記の線分だけで十分だと思います。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ