円/円弧

円/円弧

次の作図コマンドは円/円弧です。
図脳RAPIDの中でもよく使うコマンドの一つです。


【作図コマンドのうち、円/円弧に関するメニュー】


メニューバーから「作図」→「円/円弧」→描きたいコマンドを選択しましょう。


円と円弧の描き方

では、基本の円/円弧の紹介と描き方の説明です。


【円や円弧の作図事例】


円(中心)図1

円を描きます。
コマンドを選択したら、円の中心を指示し、次に円の半径を指示して終了です。


同心円図2

同じ中心で複数円を描きます。
コマンドを選択したら、円の中心を指示。次に円の半径を指示します。

1つ目の円が出来たら、続いて2つ目の円の半径を指示します。
さらに3つ目、4つ目と連続して描いていく事が出来ます。

終了する場合はキーボードのEscを押すか、マウスの右クリックで「指定終了」を選択します。


円弧(中心)図3

円弧を描きます。コマンドを選択したら、まず、円弧の中心となる点を指示します。
次に円弧の半径を指示します。
そして、円弧となる始点を指示し、最後に終点を指示して完成です。

始点と終点は角度で指示しても構いません。


同心円弧図4

同じ中心で複数の円弧を描きます。通常の円弧と描き方は同じです。
1つ目の円弧が出来たら、続いて2つ目の円弧は半径からの指示になります。

円/円弧を描くコマンドは、他に(3点)(2点)(直径)(円周長)を指示して
描き方法もありますが、最初は中心を指示して描くのが一番分り易いと思います。


接円について

最後に接円について触れておきます。


【接円に関するコマンド】


接円はある図形に接する円を描くコマンドです。
あまり、使用する頻度は少ないと思いますので、紹介しませんが、
今後、慣れてきたら、確認だけしておくといいと思います。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ