多角形

多角形

次の作図コマンドは多角形です。


【多角形のコマンドメニュー】


メニューバーから「作図」→「多角形」→描きたいコマンドを選択します。


多角形の描き方

では、頭脳RAPIDの基本の多角形の紹介と描き方の説明です。


【色々な多角形の作図事例】


長方形図1

四角形を描きます。
まずは四角のうち、基準になる点を指示し、次にその点の対角点を指示して、完成です。


角長方形図2

四角形の四角を指示した数値の面取りを行い、図形を描きます。

コマンドを選択したら、最初に面取り数値を指示しましょう。
指示したら、あとは、長方形の描き方と同じです。


丸長方形図3

四角形の四角を指示した数値に丸めて、図形を描きます。

基本は角長方形と同じです。ただし、4角はすべて同じ数値になります。
(違う数値にする場合は、別コマンドで面取り等を行う必要があります。)


多角形(内接)図4

五角形や六角形などの多角形を描きます。
まずは、多角形の中心となる点を指示します。

次に、多角形の角が通過する点を、数値入力か半径で指示します。
次は角の始まる点を指示します。通常は90°が良いと思います。

最後に角数を入力してください。三角形から十六角形でも簡単にできます。


多角形(外接)図5

上の内接に対して、外接で多角形を描きます。

内接は多角形の角が通過する点を指示しましたが、
外接は多角形の辺(線)が接する点を指示して描きます。
図を見て違いを確認して下さい。


作図上の注意点

最後に注意点ですが、図脳RAPIDで同じ四角形を多角形コマンドで描いた場合と、 線分コマンドで4本の線で描いた場合では、画面上で見た目は同じです。

しかし、多角形の方は4本の線が1組で形になっている為、 ある一部の線を選択すれば、残りの3本の線も同時に選択されますので注意しましょう。

なお、消去する際も、同様です。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ