楕円/楕円弧

楕円/楕円弧

続いてのコマンドは楕円/楕円弧です。

実際、楕円なんかは普通の機械図面では描く事は少ないかもしれません。
(建築図面などですと、描く機会が多いかもしれませんが)


【楕円/楕円弧のコマンド位置とメニュー】


やり方は、まず、メニューバーから「作図」→「楕円/楕円弧」→描きたいコマンドを選択します。


楕円と楕円弧の描き方

では、基本の楕円/楕円弧の紹介と描き方の説明です。


【色々な楕円や楕円弧の種類】


楕円(箱枠)図1

楕円を描きます。
コマンドを選択したら、四角形を描く様に対角に点を指示します。
それが楕円の高さと幅になります。

最後は楕円の傾きを指示して完成です。


楕円(中心)図2

箱枠も中心も完成図形は同じです。今度は、楕円の中心を指示します。

次に楕円の幅を指示しますが、この時に楕円の傾きも決定してしまいます。
最後は楕円の高さを設定します。

最初は、こちらの方が簡単に書けると思います。


楕円弧(箱枠)図3

楕円弧を描きます。楕円よりもさらに描く頻度は限られると思います。
基本の描き方は楕円に円弧の始まりと終わりと追加指示するだけです。


楕円弧(中心)図4

こちらの説明も省略しますが、完成する図形は箱枠で描いても中心で描いても同じです。


塗り長方形や塗り多角形について

ここで、塗り長方形や塗り多角形についても少し、説明します。


【塗り長方形・塗り多角形のコマンドメニュー】


上記のコマンドでは、言葉通り、塗り潰した図形が出来ます。
コマンドには多角形だけでなく、丸も含まれています。

メニューバーから実行する際は「作図」→「多角形」のカテゴリーに含まれている為、注意してください。


【塗り長方形や塗り多角形の入力ボックス】


図形を描いた最後に、上記画像の入力ボックスがでます。
塗り潰したい色を下から選んで「了解」を押してください。

ビットマップというのは、指定した画像が塗り潰す色の代りになるいうものです。
画像の選択は右上の「ビットマップ参照」から行います。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ