引出線

引出線

さて、次のコマンドは引出線です。

引出線というのは、CAD図面を扱った方なら、よくご存知でしょうが、ある指定した部分から線を引いてきて、文字を入力し、表示させるというコマンドです。


             【引き出し線のコマンドメニュー】


このコマンド自体はあまり使用頻度は多くないかもしれません。
(建築のCAD図面などでは使用頻度は高いのかもしれません)

ですが、今後、図脳RAPIDを使用していく時の
文字入力の手段の一つとして、覚えておくとよいでしょう。


使用方法はメニューバーから「作図」→「引出線」→コマンドを選択します。
ツールバーは「引出」ツールバーになります。

引出線コマンドについて

今回、引出線コマンドは3つしかありませんので、すべて描いてみました。


【引き出し線の作図事例】


引出線図1


基本の引出線です。自由に文字や数字を入れる事が出来ます。
文字はボックスの「複数文字配置方法」を変更する事で、2段で文字を入れる事ができます。


引出風船図2


文字を丸や三角などの図形で囲みます。
風船形状には5種類あり、任意で選ぶ事が出来ます。


座標引出線図3


文字のあとに、矢印部分の座標を数字で付加します。
こちらも2段入力できますが、2段目には座標は付加されません。

1段目は空白、2段目に文字を入れる事で見やすくなると思いますが、
実際、これはほとんど使わないでしょう。


どのコマンドも、やはり入力ボックスが開きます。
そこから、矢印の種類が変えられたり、設定で文字の大きさ・字体等を
変更もできるのもこれまでと同じです。


そしてツールバーの残り右側は修正コマンドです。


修正コマンドもこれまでの説明と同様に修正して下さい。
慣れるまでは、CAD図面を修正するより書き直したほうが早いかもしれません。

引出線についての説明は以上です。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ