簡単な編集コマンド

簡単な編集コマンド

ここからは編集コマンドについて説明に移ります。

図脳RAPIDにおいて、編集というのは、
描いた図形を変更したり、消したり、増やしたりする事です。


「元に戻す」と「戻す前の状態」にするコマンド

まずは簡単な編集コマンドを紹介します。


【編集コマンドの画面】


メニューバーから「編集」→「元に戻す」/「繰り返し」。
ツールバーからだと標準ツールバーの真中の3つの三角マークのアイコンです。

一つ前の作業に戻ったり、戻した作業をまた、戻す前の状態にするコマンドです。
簡単な作業のやり直しには便利です。


このコマンドは最初は「元に戻す」コマンドでも、
図面を描いていくと、コマンド名が作業コマンドの名前に変わっていくので、
どこまで作業を戻ればいいのかが分りやすくなっています。


選択コマンド

ツールバーのその隣にある左斜め矢印マークは「選択」コマンドです。


【編集コマンド-矢印マークが選択コマンド】


このコマンドは図形を選択すると、
選択した図形は赤く表示され、4つの小さい四角が出てきます。

その四角を左クリックでドラッグしながら動かすと、選択図形の拡大、縮小ができ、
選択図面自体の線をドラッグすると、簡単に任意な場所に動かす事も可能です。


あとは「切り取り・コピー・貼り付け」と簡単にできる編集コマンドがありますが、
これは他の多くのソフトにも使われている機能ですので、あえて説明はしません。

ですが、簡単に選択図面を増やしたり、減らしたりする事がこのコマンドで可能です。


コピー、貼り付けに関しては、もっといろいろと活用できますので、
また別の記事で詳しく説明したいと思います。


では次回からより、図脳RAPIDの詳細な編集コマンドについて触れていきます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ