図面の移動と複写

図面の移動と複写

編集コマンドで基本の移動・複写についての説明です。


【移動と複写のコマンド】


図面の移動・複写はメニューバーから
編集」→「図形編集」→「図面移動」/「図面複写」から行います。

ツールバーからだと編集ツールバーの左から1つ目、2つ目です。


移動のやり方

まず移動のやり方です。

移動したい図形を選択します。
選択は図形の一部を対角に囲って指示します。


囲い終わったところで、「この図形を選択しますか?」というメッセージが表示されます。

"はい"なら完了。"いいえ"なら取消ボタンを押すわけですが、
もう一つ、追加ボタンがあります。


これは今、選択した図形に加え、もう一度、選択する事が可能になり、
複数の図形を一度に移動する場合に押します。

補足事項

上記の操作は、マウスの操作でも行う事ができます。

メッセージ表示中にマウスの左クリックで完了ボタン、
メッセージ表示中にマウスの右クリックで追加ボタンになります。


選択したら、図形は赤くなりますので、次は移動する際の基準点を決めて下さい。
決めたらその基準点をどの位置に移動するかの点を決めます。


最後は角度です。

"90"と入力すれば、先程の図形が時計と反対周りに90°回転します。
そのまま、エンターキーを押すと、0°のまま移動します。

クリックで指示できますが、近くにサーチ点があると、ズレる可能性があるので、注意して下さい。


複写のやり方

次は複写のやり方です。

ずばり、やり方は、移動と全く同じです。
選択した図形が残るか残らないかの違いだけです。

複写は選択した図形は基準に過ぎない為、残ります。


ただ、最後の角度を決定しても、コマンドは終了しません。
また基準点の移動地点の選択に戻ります。

終了する際は、Escキーか左クリックで開いたメニューの下の終了をクリックして下さい。


なお、図脳RAPIDでは移動・複写をする際に、もう一つ便利な機能があります。
移動と同時に図形を拡大や縮小が出来る事です。

移動する基準点を決めた後、倍率を数字で入力(0.5なら縮小、2なら拡大)し、
移動地点を選択すれば、倍率の違う図形が完成します。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ