ミラー移動と複写

ミラー移動と複写

今度はミラー編集の説明です。
図脳RAPIDでミラーとは、対称図形を描く事です。

例えば、左右対称の製品の場合、右半分だけ描いて、
あとの左半分は編集で描く・・・という使い方です。


ミラー移動のやり方

図面の移動・複写はメニューバーからならば、
編集」→「図形編集」→「ミラー移動/ミラー複写」から行います。


【ミラー(鏡像)編集コマンド】


ツールバーからだと、上記の編集ツールバーの中の移動・複写の隣です。


移動も複写もやり方は基本的に同じです。
ミラーしたい図形を対角に囲って指示します。

囲い終わったところで「この図形を選択しますか?」といういつものメッセージが
表示されますので、マウスの左クリックで完了したら、移動する際の基準点を決めて下さい。


この時、すでにプレビューが対称図形になっている事を確認しましょう。
そして、基準点をどの位置に移動するかの点を決め、最後は角度で配置しましょう。


ミラー複写のやり方

複写は、同じミラー編集でも選択した図形が残るコマンドです。

コマンドを終了する際は、Escキーか左クリックで開いたメニューの下の終了をクリックしましょう。


ミラーで移動・複写のやり方で、軸移動・軸複写というコマンドもあります。


【軸複写をした事例】


これは、上図のように、指定した軸を基準に移動・複写するコマンドで、
移動する際の基準点や、移動点を指示する必要がありません。

その為、事前に基準になる軸を描いておく必要があります。
軸は、補助線でも構いません。


図面の移動・複写で紹介した移動と同時に、
図形を拡大や縮小が出来る機能ももちろん、使用できます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ