配列複写と配列円弧

配列複写と配列円弧

図脳RAPIDで配列とは、ある条件で図形を並べて描く事です。

例えば、均等間隔にいくつもの穴が開いている製品の場合、
一つ目の穴を描いて、残りの穴は配列編集で描く・・・という使い方です。


配列複写・配列円弧はメニューバーから
編集」→「図形編集」→「配列複写/配列円弧」から行います。


【配列複写と配列円弧のコマンド】


ツールバーからだと、上記の編集ツールバーの赤枠の部分にあります。


配列複写のやり方

まず、配列複写はX軸とY軸に対し、基準図形を配列するコマンドです。

やり方は、基準になる図形を対角に囲って指示します。
すると、下記画像のように、入力ボックスが表示されます。


【配列複写の入力ボックスとサンプル事例】


入力ボックスには、それぞれX軸方向とY軸方向にいくつ並べるかの数量と、
そのならべる図形の間隔を入力して、了解のボタンをクリックします。

次に、複写する際の基準点を決めて、その基準点を
どの位置に複写するかの点を決めていき、最後は角度で配置完了です。


上記画像ならば、青色の図形が基準になり、
基準点も、複写先の点も青色の中心を指示して、
X軸に10個、Y軸に2個配列して描いたものです。


配列円弧のやり方

つづいて、配列円弧は基準図形を円状に一定角度で配置するコマンドです。

やり方は、基準になる図形を対角に囲って指示します。
今回は、下記画像のように、入力ボックスが表示されます。


【配列円弧の入力ボックスとサンプル事例】


入力ボックスには、回転角度といくつ配置するかの数量を入力して、
了解のボタンをクリックします。

次に、複写する際の基準点を決めて、その基準点の1つ目になる点を決めていきます。
最後は中心点で配置完了です。


上記画像は青色の図形が基準になり、基準点も、
複写先の点も青色の中心を指示して、中心の点は大きい円の中心になります。


今回のコマンドも、複写と同時に図形を拡大や縮小が出来る機能が使えます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ