トリミング

トリミング

トリミングとは画像編集ソフトなんかだと"切り取る"イメージです。

アイコンもハサミの様になっていますが、図脳RAPIDでは一度描いた図形の端点を任意の位置まで延長したり、短くしたりする事と考えると、分り易いです。

例えば、長さは違うが図形そのものは類似している様な場合、
その類似図形をコピーして、トリミングで長さを変更する・・・なんて使い方です。


トリミングはメニューバーから
編集」→「詳細編集」→「トリミング/要素トリミング」を選択。


【ハサミのボタンがトリミングのコマンド】

ツールバーからだと、上記の編集ツールバーのハサミの様なアイコンです。


トリミングのやり方

まずは普通のトリミングのコマンドでは、直接、図形を選択しますが、
選択する際にどこをクリックするかで、操作が変わってきますので注意して下さい。

というのは、図形を選択した時、近い方の端点が編集できるという事です。


例えば、図形の真中より左側をクリックした場合、
右側の端点は固定で、左側の端点が、延長や収縮出来る様になります。

元の図形が水色で表示され、赤色は短くなる部分、黒色は長くなる部分を示しています。


要素トリミング

つぎに要素トリミングですが、このコマンドはあらかじめ、
基準となる図形(補助線でも可)を描いておく必要があります。

変更したい図形を左クリックで囲い、基準となる図形を選択します。
その基準まで、図形を伸ばしたり、短くしたりしてくれます。

プレビューで赤くなる部分が決定後、図形になる部分です。
短くする場合はどちらを基準に短くするのかをこれで確かめて下さい。


端点移動

最後に端点移動ですが、これは任意で端点を移動できます。

トリミングを同じ様に直接、図形を指示し、移動できますが、
元図形が大きく崩れがちなので、お勧めしません。


トリムングは以上です。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ