面取り・角丸め

面取り・角丸め

面取り・角丸めとはいわゆるC取りR取りの事です。
角張ったコーナーをCやRで整える編集コマンドです。

製品を図面化する際、よく使われるコマンドの一つです


面取り・角丸めはメニューバーから
編集」→「詳細編集」→「面取り/角丸め」を選択。


【C取りやR取りのコマンド】


ツールバーからだと編集ツールバーのCやRの文字が入ったアイコンです。


面取りと角丸めのやり方

基本操作は、面取りも角丸めも全く同じです。

まずはコマンドを選択すると、「面取り幅」「丸め半径」という
入力ボックスが表示されます。

ここにC10なら10と、R10.5なら10.5と数字を入力して、
エンターキーか左クリックで、ボックスを閉じます。


次に編集したい角の2辺を選択します。
選択する線の順番はありませんので、好きな方から、順番に選択して下さい。

1辺を選択すると、赤くなり、もう1辺選択で、プレビューが表示されます。
あとは画面にしたがって、完了させて下さい。


【上図がC取りで下図がR取り】


コマンドを一度実行すると、最初に入力した数字は記憶され、
他のコーナーを編集する事が可能です。

終了する際は、別のコマンドを実行するか、
マウスの右クリックから終了を選択して下さい。

また、そのままコマンドを実行する際でも、面取り幅や丸め半径を変更する際は、
もう一度、コマンドを実行するか、Escキーを押す事で入力ボックスが開きます。


面取りの注意点

面取りについては、図脳RAPIDでは2辺の長さを変更する事は出来ません。

したがって、2辺が違うC面を描く場合は、
それぞれの線を個別に結んで描く必要がありますので、注意して下さい。


似たようなコマンドに「角取り」「丸取り」があります。
これは、コーナーを四角や丸に切り取る事が出来ます。

あまり使用はしませんが、コマンドを実行して、完成形状を確かめておくといいでしょう。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ