オフセット

オフセット

オフセットとは、指定した図形の内側や外側に、
任意の幅で同形状を描くことが出来るコマンドです。

例えば、額縁状(パッキン等)の製品を設計する場合などに便利なコマンドです。
内側もしくは外側を描いておいて、後は任意の幅で、同形状を描き足すという具合です。


オフセットはメニューバーから「編集」→「詳細編集」→「オフセット」を選択。


【オフセットのコマンド】


ツールバーからだと上記の編集ツールバーのCやRの文字が入ったアイコンの隣です。


オフセットの操作方法

それでは操作方法です。

まずはコマンドを選択したら、オフセットしたい図形を一つ一つ選択していきます。
選択された図形は赤くなりますので、確認して下さい。


【オフセットの事例】


オフセットした図形をすべて選択したら、
マウスの右クリックで指定終了をクリックします。


すると、オフセットの幅を入力するボックスが開きますので、数値を入力します。

この時、上段のマウス側か下段のマウス逆側のどちらかにチェックがないと、
数字入力は行えませんので、注意して下さい。


図形の内側か外側の一方のみに図形を描く場合は、上段か下段のどちらかでOKです。

内側にも外側にも同じ形状を作成する場合は、上段、下段ともにチェックを入れ、
それぞれ任意の数値を入力して了解を押してください。


了解を押すと、プレビューが表示されますので、
マウスの内側か外側を確認して、左クリックで完成です。

また、オフセットの幅入力ボックスに戻りますが、取消を押せば、終了できます。


図脳RAPIDでは補助線をオフセットする事も可能です。
この場合、オフセットすると補助線は実線に変わります。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ