パラメトリック移動

パラメトリック移動

パラメトリック移動とは、任意の方向に形を変形する事が出来るコマンドです。

少し分りにくいと思いますが、以前に図脳RAPIDでのトリミングを説明しました。
トリミングでは一本一本の線の長さを変えて、端点を移動する事ができました。



【パラメトリック移動の事例】


パラメトリック移動も端点を移動させる訳ですが、上図の通りこちらは指定した
端点に接する図形をすべて変更できるので、形を変形する事も可能なのです。


操作方法

では、実際の図脳ラピッドでの操作の方法を説明します。


パラメトリック移動はメニューバーから
編集」→「パラメトリック」→「パラメトリック移動」等を選択。

ツールバーからだと編集ツールバーの中にあります。


【図脳RAPIDのパラメトリック移動のコマンド】


まず、移動する端点を含む領域を対角状に囲みます。
すると、含まれる端点に小さい四角のマークが表示されます。

その四角の端点が移動するので、移動元の点、移動先の点を指示します。


移動元の点は必ず四角マークでなくても構いません。
最初は難しい様に思いますが、操作していくうちに、理解できると思います。


パラメトリック水平と垂直

パラメトリック移動のアイコンの隣には、
パラメトリック水平パラメトリック垂直というコマンドがありますが基本は同じです。

こちらは移動先の点が四角マークに対して、
水平か垂直にしか移動しないという制約があるコマンドだと理解して下さい。


図脳RAPIDでは、パラメトリック移動する時に、
寸法線も一緒に指定する事によって、寸法線の引出線はもちろん、
数値まで、自動で変更してくれますので、大変便利な機能です。


次回は、寸法を基準にしたパラメトリック移動を説明します。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ