寸法パラメトリック

寸法パラメトリック

前回、図脳ラピッドのパラメトリック移動について説明しましたが、
今度のパラメトリックは、寸法を編集することによって、
任意の方向に形を変形する事が出来るコマンドです。

パラメトリック移動で、寸法も一緒に指定すると変化した様に、
今度は寸法を編集すると、CADの図形も変化するという機能です。


【図脳RAPIDの編集ツールバーの右上部に寸法パラメトリックがあります】


パラメトリック移動はメニューバーから
編集」→「パラメトリック」→「寸法パラメトリック」等を選択。

ツールバーからだと編集ツールバーの中にあります。


操作方法

それでは操作方法です。
まず、このコマンドは寸法を編集する為、寸法線のある図形が必要です。

もう少し詳しく説明すると、寸法線を配置する際、
図形の端点と端点を指示して配置したものという意味です。
(寸法線は図形の端点を指示しなくても描けますが、それでは機能しませんので注意して下さい)


それでは、寸法を選択します。選択された寸法線は赤く表示され、
次に移動したいどちらか片方の端点を対角状に囲って指定します。


すると、ボックスが表示されます。


             【寸法パラメトリックのボックス】


上段に変更したい数値が表示されているのを確認し、下段に新しい寸法値を入力し、了解ボタンをおせば、数値とともに、図形の形も変化します。


【均等に寸法を変更した事例】


寸法パラメトリックのアイコンの隣に両方向寸法パラメトリックという
コマンドがありますが、これは、上図のように両端が均等に変化します。

操作方法は同じですが、移動したい端点は寸法の両端を囲む様に指定して下さい。

以上がパラメトリックの説明です。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ