画面構成

画面構成

図脳RAPIDの画面構成について説明します。


【CAD図面を開いた時の画面構成】


基本的な画面はこんな感じです。
実際に図面は作図領域の中に描いていきます。


作図領域に等間隔の点があります。これは「グリッド」と呼ばれる点です。
分り易く言うと、「見えない基準点」です。

点以外にも表示方法を線にする事が出来るため、
方眼用紙の様な作図領域で作業できますが、
描いた線が見にくくなる恐れもあり、あまりお勧めしません。


メッセージバーは、次に何をしたらいいのかを簡単に表示してくれます。

例えば、丸を描くとき、最初は「中心点を指示して下さい。」、
次に「半径を指示して下さい。」と言った具合に表示されます。
ですので、操作順序が分らなくなった場合など便利です。


タイトルバーは名前の通り、「名前を付けて保存」や「上書き保存」をすると、
保存した時のタイトルが表示されます。

タイトルは半角はもちろん、全角も入ります。
(余談ですが、CADによっては半角でしか保存できないソフトもあります)


メニューバーにはツールバーには表示されていない、
すべての操作を実行する為のコマンドや 各種の設定などが各項目ごとに分かれています。


ツールバーはよく使用するツールを表示させておく事で、すぐにコマンドを実行させる事が出来ます。

ただ余り、多くのツールバーを表示させると、作図領域が狭くなり、
図面自体が描きにくくなる恐れがある為、CADを使いながら、
実際によく使うコマンドを把握して、表示させる事をお勧めします。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ