ツールバー

ツールバー

図脳RAPIDにおいて、ツールバーはよく使うツールを
画面に配置して置く事で、コマンドを実行することが出来ます。


配置の方法はメニューバーの「ツール」→「ツール設定」をクリックさせて、
表示」タブでツールバー左のチェックを入れる事で
画面にそのツールバーは表示されます。

表示されたツールバーは自分の任意な場所に配置させて使います。


その中で、管理人自身が、「これは絶対必要だ!」と思うものを紹介しておきます。


ツールバーに最低限表示させておきたいツール

標準
ファイルを開いたり、保存、印刷したりするコマンドがあります。
上に配置するのがベスト。


【標準のツールメニュー】


図形
実際にさまざまな線を描くコマンドが含まれます。標準バーの下に配置。

ただコマンドが多いため、右端が切れてしまう可能性がありますが、
右にあるコマンドほど、使用頻度が低くなりので、問題ないでしょう。


【図形のツールメニュー】


寸法
描いた線に寸法を付けるコマンドが入っています。画面右に配置。


【寸法のツールメニュー】


補助線
印刷はされない、基準となる線を描くコマンドが入っています。画面左に配置。


【補助線のツールメニュー】


編集
描いた図面を消すたり、複写したりといったコマンドが入っています。
画面の下に配置してみては。


【編集のツールメニュー】


文字
文字を入力する為のコマンド。
編集バーの左に配置できると思います。


【文字のツールメニュー】


カスタムツールについて

最後にカスタムツールについて説明します。
頭脳RAPIDでは、自分専用のツールバーを作る事が出来ます。


ツールバー作成方法は、まずは「表示」タブで右の新規をクリックして、
ツールバーの名前を付けて何もないツールバーを作ります。

その後、「カスタマイズ」タブで、登録したいコマンドを左クリックで選択し、
そのままドラッグして先ほど作った空欄のツールバーに入れて行きます。

そうすれば、独自のツールバーが出来ます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ