補助線とは

補助線とは

ここでは補助線について説明します。
補助線というのは、文字のごとく、下書き用の線と考えて下さい。

ですから、CAD画面上に表示されたままでも、印刷する時には表示されない線です。


【補助線は青い点線で表示されます】


では、なんの為に補助線を描くのかと言うと・・・

図脳RAPIDにはサーチ機能があり、マウスカーソルを近づけた時に
サーチ設定で設定してある点を、自動的に指示点にしてくれます。

そのサーチ点は、これから描いていく図形や線はもちろん、補助線もサーチしてくれます。

つまり、これから描いていく図形の指示点をサーチする為に補助線を描いておくのです。


補助線を使わず図面を作図する方法

補助線を描かずに、初めから図面を作図する事も、もちろん出来ます。
その場合、指示点をX軸、Y軸の数字で指定したりする必要があります。

慣れてくれば、それでも構いませんが、慣れないうちは、補助線を描いて、
補助線をサーチして、指示点を決定した方が、作図し易いと思います。


例えば、水平補助線を引く場合、Y軸(100)を指定するだけで、
X軸と並行な線が永遠に表示されます。(図1


次に、垂直補助線をX軸(95)を指定して引きます。(図2
これで、X軸、Y軸(95、100)の交わる点が出来るわけです。

続いて垂直補助線をX軸(200)を指定して引けば、
X軸、Y軸(200、100)の交わる点が出来ます。(図3


これを利用して、指定した間隔の並行な補助線を描いたり、
角度指定した補助線を描いたりして、実際の図形を描く易くします。

補助線が増えて、画面が見にくくなってきたら、不要な補助線は削除したりして使いましょう。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ