補助コマンド(その2)

補助コマンド(その2)

図脳RAPIDの補助コマンド(その1)の説明の続きです。


【補助線の作図事例】


補助並行(図4
既存の補助線に対し、並行な線を描きます。
コマンドを選択したら、基準の図形を選択すると、その図形が赤くなります。

次に、その図形との間隔を数値で入力するか、マウスで左クリックします。
(画像は図3に対し、50間隔の補助線を描いています)


補助要素垂直(図5
既存の補助線に対し、垂直な線を描きます。
コマンドを選択したら、基準の図形を選択。

次に、その図形との交点を数値で入力するか、マウスで左クリックします。
(画像は図3に対し、140、130交点の補助線を描いています)


補助円(図6
円を描きます。コマンドを選択したら、
円の中心を数値入力するか、マウスで左クリックします。
次に円の半径を数値入力、もしくはマウスで指示します。


同心補助円(図7
同じ中心で複数円を描きます。コマンドを選択したら、
円の中心を数値入力するか、マウスで左クリックします。

次に円の半径を指示します。
1つ目の円が出来たら、続いて2つ目の円の半径を指示します。
さらに3つ目、4つ目と連続して描いていく事が出来ます。

終了する場合はキーボードのEscを押すか、
マウスの右クリックで「指定終了」を選択します。


オペレーションバックの機能について

これから図形を描いていく上で、図脳RAPIDでの共通の機能を1つ紹介します。


例えば、補助並行で最初に基準の図形を選択した後、違う図形に選択を変えたい場合、
マウスの右クリックで、「オペレーションバック」を選択してみます。

すると、赤く選択されていた図形が青に戻り、再度選択できる様になります。


多くの点を選択している途中で、間違えてしまった時に、
もう一度、最初から選択するのは手間ですが、オペレーションバックを使えば、間違えた前の選択に戻ります。

図脳ラピッドで作図をする上で、便利な使い方の一つですので、活用してみてください。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ