印刷の仕方

印刷の仕方

図脳RAPIDで印刷する場合、印刷の仕方は3種類あります。

通常の印刷に加え"範囲印刷""すべて印刷"です。


図脳RAPIDの通常の印刷方法

まずは普通の印刷です。
クリックすると下記のボックスが開きます。


     【図脳RAPIDの印刷のボックス】


まず、一番上に使用するプリンタが表示されている事を確認しましょう。


次に、用紙の項目において、倍率を決めます。
通常は100.000になっていますが、ダイヤログの下を確認して下さい。
左側の数値がCAD図面上での用紙サイズ、右側はプリンタの用紙サイズです。

これが一緒でない場合、倍率を変更しないと、
用紙に図形が収まらなかったり、小さ過ぎたりします。

その場合は倍率を変更しましょう。
プレビューをチェックすると表示されるので、確認するといいでしょう。


使用するプリンターは、右下の「プリンタの設定」から変更できます。
ここから、用紙の変更や、用紙の向きも変更できます。


範囲印刷

次は「範囲印刷」のやり方について説明します。

まずは、印刷する範囲を左クリックで対角に指定して下さい。
すると、先程のボックスが開きます。

この時、倍率の下の用紙種類が、左側は自由になっている事が分ります。

図脳RAPIDで設定した用紙に関わらず、ある部分だけ印刷したい場合に使用します。この場合も倍率をプレビュー表示を確かめながら、印刷しましょう。


すべて印刷

最後は「すべて印刷」のやり方についてです。これは文字通りすべてです。

図脳RAPIDの設定用紙に関わらず、プリンタの設定用紙に100%の倍率で、
画面上に描いてある図形すべてを印刷します。

これは、あまり使う事はないと思います。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ