画面表示

画面表示

前回、マウス操作による画面操作を描きましたが、もう少し細かく実行する方法をご説明します。

画面操作を行うコマンドですが、
ツールバーからなら「画面」を実行、
メニューバーからなら「表示」を選択して下さい。


ツールバーから実行した場合は、
下記の画面のツールバーから画面操作を行う事ができます。


    【図脳RAPIDの画面のツールバー】


一方、メニューバーから画面操作を行う場合は、
下記のように「表示」コマンドを選択します。


【図脳RAPIDの「表示」のメニューの一覧】


表示」コマンドの、ぞれぞれの項目についての意味は下記のとおりです。

「範囲拡大」
1点目と2点目で選択した四角部分を拡大表示します。

「中心範囲」
拡大する四角部分を中心の点から選択します。

「中心移動」
選択した部分が画面の中心に移動します。

「中心拡大」「中心縮小」
選択した部分中心に拡大・縮小します。

「再表示」
編集などすると、部分的に消えて見えたりします。それを表示し直すコマンドです。(でも、拡大・縮小しても再表示されますが・・)

「基準画面」
用紙サイズで設定された領域を画面全体に表示させます。

「全体表示」
離れている場所に描いた複数の図形などもすべて画面におさまる様に表示します。 ですので、描いた図面が離れすぎていると図形も小さく表示されます。


その他のメニューは、あまり使用する事は無いと思いますし、
あまり多くの方法があっても混乱するだけなので、「表示設定」のみ説明します。


表示設定について

下図のように、メニューバーの下から3番目にある「表示設定」ですが、
これはツールバーから実行できませんので、メニューバーからのみ実行できます。


【表示設定の位置】


表示設定を開くと、下記の画面が現れ、表示に関する設定が行えます。


  【表示設定を開いた画面】


ここでは、"グリッド"という機能で表されたグリッド点を
サーチ機能で選択できるように「グリッド点の表示有無」を設定できます。

※グリッド機能とは、画面に方眼用紙の様に一定間隔の点が表示される機能です
詳しくは、図脳RAPIDの画面構成の項でも説明しています。

以前の説明で、あまり必要ないと、書いたと思いますが、
この機能を使いたい方は図1の部分にチェックを入れ、
下の赤丸部分で、グリッドの色を変える事が出来ます。


なお、補足ですが、グリッドの間隔は当初10mm間隔ですが、変更する場合は、
メニューバーの「補助」→「グリッド」→「グリッド間隔」で変更できます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ