作図設定

作図設定

頭脳RAPIDにおける作図設定とは、図面を描く、線の種類、太さ、色を決める設定です。

図面の枠や部品図や寸法、すべてが同じ線だと相手にも分りにくかったりします。
その為、線を太くしたり点線にしたりして、図面をより見やすく仕上げるのに有効です。


線を変更するコマンドはメニューバーの「設定」→「作図設定」をクリックするか、
ツールバーを画面上に表示させておいて、そこからコマンドアイコンをクリックするかです。

なお、そのコマンドが入っているツールバーは2種類で、
作図ツールバー設定ツールバーです。どれから実行しても、同じです。


【作図画面および「作図ツールバー」と「設定ツールバー」】


まず確認してほしいのが、メニューバーから「作図設定」の画面で、
図1が「図形線種」「図形幅」「図形色」になっている事。

これが「レイヤー線種」になっていると、別の線等が選択ができません。
もちろん、ツールバーからも、他の種類を選択できませんので、注意して下さい。

確認したら、用途に合わせて、線種や太さを使い分けていきます。
右の「▼ボタン」で選択出来ます。

例えば、部品図は線の太さを太くしたり、中心線は線種を1点斜線にしたりして、
線の種類毎に見やすくするといいでしょう。


【線の種類をここで変更しましょう」】


あとは、図2をクリックする事で、さらに細かい設定ができる様になります。
点線の間隔を変更、オリジナルの線種を登録したり出来ます。

登録した線を次回も使用するのであれば、図3から登録しておいて下さい。
登録していない場合は、次回、起動した際には反映されません。


ここでは線種で説明しましたが、線幅も線色も基本は同じです。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ