レイヤ設定

レイヤ設定

レイヤとは、線の種類や太さ、色をまとめておく層(画層と言います)の事です。

建築図などを書く場合、通り芯・躯体・建具・設備・家具など、
機械図に比べ、多くの線を使うでしょう。


作図設定の項目で説明した様に、1本1本描く都度、
線種や太さ、線色などを変えるのは大変です。

それを層にまとめておけば、すぐに、描きたい線を呼び出せるという事です。
もちろん、機械図でも、部品・補助線・寸法・文字・図面枠などとレイヤに登録しておけば、便利です。


図脳RAPIDでのレイヤ設定のやり方

レイヤ設定はメニューバーの「設定」→「作図設定」をクリックして登録します。


【作図設定画面】


今度は、図1が「レイヤ線種」「レイヤ幅」「レイヤ色」になっている事を確認して下さい。

ここが「図形線種」になっていると、レイヤーNo.を切り替えて描いても、
図形線種のままになりますので注意して下さい。


次に設定ですが、図2のNo.部をクリックすると、下の画像のプロパティ画面が開きます。


【画像のプロパティ画面:ここで線の名前や色、線幅などを設定します】


そこの変更したい箇所にマウスを移動させて、設定していきます。


設定が出来たら、了解で画面を閉じて、また次のレイヤ番号を変更していきます。
設定が完了したら、初期値▼タブから登録しておいて下さい。


割りあてたレイヤ設定を使用してみる

設定が出来たら、実際に使ってみましょう。
作図設定画面からだと、状態部の万年筆マークが付いているのが、現在の線です。


【万年筆マークが現在の線】


変更したい線の電球マークの左をクリックすると、万年筆マークが移動し、現在の線に変更されます。


ただ、手間なので、レイヤを使う場合はツールバーから実行した方が簡単です。 含まれるツールバーは2種類で、作図ツールバーと設定ツールバーです。
どれから実行しても、同じです。


      【作図ツールバーからのレイヤ変更】


図4をクリックし、使用したいレイヤ番号に変更することで、使えます。


レイヤの非表示やロックについて

最後にレイヤ設定することで、出来る様になる事があります。

それは、一時的に非表示にしたり、もう変更しない線や、 間違って線を削除しない為にロックをかける事です。


【電球マークや鍵マークがあります】


やり方は、図3の部分を参照下さい。
電球マークが消えていれば、そのレイヤNo.の線は画面上では表示されません。
鍵マークが黄色にロックされていれば、変更、削除等の編集ができなくなります。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ