文字設定

文字設定

図脳RAPIDでの文字を図面上に描く際の設定「文字設定」のやり方を解説します。

図面品番や図面名などはもちろん、図面中に注意事項や特記事項を書いたりする事もあるため「文字設定」は比較的よく使う機能です。したがって、なるべく見やすい文字を選ぶといいと思います。


文字設定はメニューバーの「設定」→「文字設定」をクリックします。

ツールバーからだと「文字」の一番右のコマンドアイコンから設定ができます。
クリックして開いた設定画面は下記の通りです。


   【文字設定画面】


上から順番に説明していきます。

「文字設定」
設定を5つ登録しておくことができます。使いたい設定番号を選択します。

「文字高」
全角1文字の高さを設定します。

「文字幅」
全角1文字の幅を設定します。

「文字間」
文字と文字の間隔を設定します。

「行間」
行と行の間隔を設定します。

「文字フォント」
文字のデザインを設定します。


上の"日本語フォント一覧"にチェックを入れておくと、
日本語に対応していないフォントは表示されません。
通常はチェックを入れておきましょう。

下の"太字""斜体"はチェックを入れる事で、文字を飾る事ができます。



   【各チェックを入れた場合の事例】


その他のチェックは文字を縦書きにしたい場合、"縦書き"にチェックを入れます。

しかし、文字の中に半角(例えば半角英数字など)が入っていて、
半角部分は横書きにしたい場合は"縦書きフォント"にチェックを付けます。

ここで、"半角縦向き"にチェックを入れると、"縦書き"チェックを同じになります。
実際のところ、半角が入る場合、縦書きは好ましくないと思います。


最後の項目、レイヤ指定レイヤ設定の記事で説明したとおり、
ここで選択したレイヤに文字が変更させます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ