寸法設定

寸法設定

図脳RAPIDにおいて、描いた図面上に寸法を入れる際の設定法を解説します。

データーとして図面を使う場合は寸法は入れる必要はありませんが、
目で確かめたり紙に印刷したりする場合は、寸法が入っていないと分り難かったりします。


寸法設定はメニューバーの「設定」→「寸法設定」をクリックします。
クリックして開いた設定画面は、下記の通りです。


【図脳RAPIDの寸法設定の画面】


まず、画面上部に「寸法設定」の項目がありますが、
設定を5つ登録しておくことができます。使いたい設定番号を選択します。


端部記号タブとオペレーションタブなどの注意点

では、次に、タブごとに説明していきます。
上記画像は文字タブを表示していますが、ここでは文字のスタイルを設定します。

設定項目は基本的に文字設定と同じですが、「オフセット」という設定が増えています。 これは寸法線と文字の間隔を設定出来ます。



【端部記号の設定画面】


次に端部記号タブですが、ここでは寸法線の端部に付く記号の形を設定します。
丸にしたり、四角にしたりと設定できる記号はプルダウンメニューから選択します。

選択した記号を確認したい時、右プレビュー下の更新(図1)をクリックすると、
設定が更新されますので便利です。


その他のタブは細かい設定になる為、最初はそのままでいいと思います。
簡単に説明すると、寸法線のはみ出し長さを設定したり、連続寸法の設定などです。



【オペレーションタブの設定画面】


その中で一つだけ、オペレーションタブの
連続/累進寸法の重なった・・・」(図2)はチェックをいれておきましょう。
寸法が近すぎて、重なってしまう場合、引出しで逃がしてくれます。


最後のレイヤタブは、今までの記事で説明したとおり、ここで選択したレイヤに寸法が変更されます。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ