グループ設定

グループ設定

図脳RAPIDにおいて、グループとはファイルに描かれた図形を、
まとめて1つのグループにまとめるコマンドです。

グループにする事により、図形を移動したり削除したりといった編集が、
グループ単位で行えるようになります。
また、あとで説明する部品表作成にも繋がってきます。


グループコマンドはメニューバーから、
編集」→「グループ」→「グループ化」から実行します。


グループ化の操作方法

それでは、まず図形をグループ化しましょう。

選択は、グループ化したい図形を、
全て対角状に左クリックでドラッグしながら囲みます。
選択された図形が、すべて赤く表示に変わります。

メッセージが表示されますので、
了解を押すと、下記の入力ボックスが表示されます。


【図脳RAPIDのグループ化のボックス】


ボックスには、後で分り易い様に、
グループ名や部品番号、部品名などの情報を入力しておきましょう。

なお、何も入力しなくても、グループ化にはできます。
了解ボタンでグループ化の完成です。


なお、グループ化すると、削除コマンドなどで1つの図形を指定すると、
グループ化された他の図形も一緒に選択されますので注意して下さい。

グループ化の解除は、「編集」→「編集、解除」からできます。


ハイパーリンクについて

図脳RAPIDでグループ化する事によって、もう一つできる事があります。

それは関連Webのアドレスを入力したり、
ファイルを指定して開いたりするリンクを張る事です。

リンクは先程の入力ボックスのタブをハイパーリンクに切り換えて入力します。


実際にリンクを実行する際は、
まずメニューバーの「編集」→「選択」で図形を指定し、
右クリックでハイパーリンクを開くを実行して下さい。

次回はグループ化を使って部品表を作成します。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ