部品表作成 その1

部品表作成 その1

前回、グループ化を作成しましたが、
図脳RAPIDではグループ化した図形から簡単に部品表を作る事ができます。

少し複雑なコマンドですので、2回に分けて説明していきます。


項目を追加する

まず、部品表を作る前に、準備が必要です。
部品表に自動で表示される項目を追加しましょう。

項目を追加するにはコマンドは、
メニューバーの「設定」→「属性書式設定」を実行します。


【図脳RAPIDの属性書式設定とグループ属性のボックス】


属性書式設定のボックスのグループ属性を選択した(表示が青色に変わった)
状態で新規作成ボタンを押し、追加したい項目を入力します。

ここでは、上図のように、"使用数"と入力しました。

続けて、項目を追加する場合は、再度、新規作成で、今の操作を繰り返します。
追加したい項目はグループ属性の下に表示されます。


次に、下の表示項目をクリックし、グループ属性ボックスを表示させ、
全項目に表示された"使用数"を、追加ボタンで表示項目に反映させて下さい。


なお、不必要な項目を削除して、整理する事もこのボックスで編集できます。
右側に表示される項目で良かったら、了解で閉じましょう。
※今後、新規でファイルを作成する際に、この項目を使用する場合は、
項目保存で名前を付けて保存しておいて下さい


グループ化の作業

それでは、部品表にする図形をグループ化します。
グループ化のコマンド操作は、前回の説明を参照下さい。

ただし、図形は1つずつグループ化しておいて下さい。


【3つのグループを作成した事例】


今回は3つのグループを作ってみました。
表示される項目に先程、追加した項目がある事がわかります。


これで部品表を作成する準備は完了です。
次回は、実際に部品表の作成方法を説明します。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ