部品表作成 その2

部品表作成 その2

前回、部品表作成の準備を説明しましたので、今回は実際の作成方法の説明です。


部品表作成コマンドを実行してみましょう。

メニューバーの「編集」→「グループ」→「部品表作成」、
またはコマンドヒストリーツールバーから実行します。


最初に開くボックスは下図(上側)の画像です。
このボックスには表示させたい項目名がありません。


【図脳RAPIDの部品表作成のボックス】


そこで下の「属性書式読込」ボタンを押して、
保存されているCATファイルを読み込みます。

読み込むと、上図(下側)のように、前回、準備した項目を表示させる事ができます。


部品表の設定項目の説明

次に、ボックスの中の細かい設定を順番に行いますが、
以下にそれぞれの項目の説明をします。


①配置点

部品表を作成する際の基準点から、どの方向に配置するかの設定です。

例えば、左上・下行なら、基準点を指定したら、
その点から右の方に表が作成され、行は下に伸びていきます。


②外枠線の有無

すべてにチェックが入っていると、部品表の外枠線ができますが、
既に図面枠を配置してある場合などに、不要な外枠を無しで作成する事ができます。


③指定法

一括は対角で囲んだすべてのグループが対象になります。

1要素は1つ1つ図形を選択します。
風船付は1つ1つの図形に風船文字を入れる事ができます。


④項目数

入力する項目の数です。


⑤見出し項目作図

見出し項目の有無が選択できます。
チェックを入れると、項目名がそのまま見出しとなります。


⑥項目名

自動で表示される項目名です。項目数に応じて、選択が可能です。

▼ボタンで項目順を変えたりする事が可能です。
空欄も指定できますので、あとで文字入力にて任意な文字を入力も可能です。


さて、以上の設定が完了したら、了解ボタンで、配置を行います。


部品表の作成

まずは、配置する基準点を指定します。

次に、図形の指示です。
指示の仕方は③指定法の設定によって変わってきます。


図形の指示が出来たら、下記のように自動で部品表が完成しているはずです。


【部品表を作成したサンプル事例】


上図は、前回の図形を使用して、右上・下行で、見出し項目を付けて、
3つの項目の部品表を作成してみた事例です。


図脳RAPIDで1つのファイルに複数の部品を描く際には、
部品表の作成のコマンドは、活用したいコマンドです。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ