ブロック設定

ブロック設定

ブロック設定とは良く使う図形をブロック登録する事によって、
簡単に呼び出し、配置できるコマンドです。

建築用の間取り図面は、トイレや窓、扉などを多く描くます。
それをブロック登録する事で、配置が簡単に出来るといった具合です。


ブロック設定はメニューバーの「編集」→「ブロック」→「ブロック配置」、
またはブロックツールバーから実行します。


図形のブロック登録

まずは図形をブロック登録します。ツールバーの赤枠アイコンです。


【図脳RAPIDのブロック図形登録のボックスと基準点を決めた事例】


実行したら、ブロック登録したい図形を対角に囲います。

図形は複数でも構いませんが、複数だとブロック配置する際にも、
すべての図形が配置されることになります。


図形を囲んで赤く表示されたら、今度は配置する際の基準点を決めて置きます。
分りやすい点にしておきましょう。

ブロック図形登録のボックスが表示されたら、
名称にも分り易い名前を入力し、了解ボタンを押します。

これで登録ができました。


ブロックの配置

それでは、今登録したブロックを配置してみます。
今度はツールバーの黒枠のアイコンです。

実行すると、下図のようなブロック配置ボックスが表示されます。


【図脳RAPIDのブロック配置ボックス】


ここで、先程登録したブロックを選択して、右の配置ボタンを押します。


ボックスが閉じてブロック図形がプレビュー表示されますので、
登録時に設定した基準点を配置したい場所に指定すれば、配置完了です。

複数配置する場合はこれを繰り返して配置して下さい。


もうひとつのアイコン(青枠)はブロックの解除です。

配置したブロックは、配置ボックスの配置数で確認できますが、このアイコンで
ブロック解除すると、その図形はブロック配置としての数量から除外されます。

別に解除しなくても、他の様に編集も可能ですので、あまり意味はありません。


以上、図脳RAPIDで同じ図形を複数使用する際には登録しておくと便利でしょう。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ