計測

計測

計測というコマンドについて説明します。
図脳RAPIDには図形の周長さや面積を計測することができます。

機械図面なんかだと、押出形状の総長さを測ったり、
面積から、重量を知る事に使用できます。


計測コマンドはメニューバーから
編集」→「計測」→「周長」/「面積」等を選択します。


         【図脳RAPIDの計測ツールバー】


ツールバーからだと、計測ツールバーを表示させて使用して下さい。


周長

図形の周長を計測します。
ハッチングの項で説明した様に1本1本の図形を選択していきます。

選択開始図面と終了図面が接する場所まできたら、
自動でメッセージボックスが表示され、周長が確認できます。

開始図形と終了図形が接しなくても、そこまでの長さを表示する事も可能です。


ただし、メニューバーからコマンドを選択した場合、周長測定にも2種類あり、
1つはこの方法で、もう1つは点指定をする方法です。

点指定の方法は図形の途中から選択したり、図形以外の点の長さも計測できます。目的に合わせて実行して下さい。


面積

図形の面積を計測します。選択図形方法は周長と同じです。

円の場合は同じ図形を2回、選択して下さい。
細かく円周率から面積を表示します。

面積計測にも、メニューバーからなら2種類のコマンドが実行できます。


その他の計測

周長分割というコマンドがあります。
これは図形の任意の場所に短い補助線を表示させる事ができます。

補助線を表示させる事によって、点指定での計測に活用できます。


あとは線の距離を計測できたり、角度を計測するコマンドもありますが、
これは寸法線と同じですので、あまり活用頻度はないと思います。


測定値の単位について

メッセージボックスには測定値を表示する他に基本のmmに加え、
建築図面などの大きい図形は単位の表示をmやKmに変更することも可能です。


  【図脳RAPIDの周長のメッセージボックス。mmが設定されている】


また、ボックスの「結果配置」ボタンで、
図面上に測定値を文字入力として、配置することも可能です。

計測コマンドの説明は以上です。

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

頭脳RAPIDの使い方や操作方法のマニュアル本は、下記よりどうぞ

現在の最新版は・・・

図脳RAPID17です。

「図脳RAPIDの使い方」 は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ